AWAODORI CAMP 2018 に参加してきたよ

タイムライン

AWAODORI CAMP 2018 に参加してきたよ

Contents !!
バリスタ

に選定していただきました。✌('ω')✌

【全て自分の装備にて】(←これ重要)初キャンプカマして参りました。

奥の方でまあまあ明るく白く光っているのがうちのテントです。いやぁにやけるよね。

思えば明確にキャンプ沼に足を踏み入れたのが……

2018.5月ですわ。

友人のガチ装備に見惚れてワイもやったるんや!と目覚めましてね。

とはいえさすがに一気に道具を揃えるとお金がなくなるし、それから楽しみもね、なくなるじゃない? 物色している時間が楽しいじゃない?

お外でお湯を沸かすセットがあれば僕は * prasm

スノーピークの焚火台でグリルブリッジはとりあえずいらないよね

ちびちびとギアを揃えつつ、目標とする自前装備キャンプ用の装備が整ったのよ。

キャンパー必携コールマンの定番アウトドアワゴンは Amazon 限定のオリーブが雰囲気いい * prasm

雰囲気の良い日陰は自分で作る * prasm

ダメです。考えてはいけません。使ったお金のコトは考えてはいけません

そんなわけで、道具が揃ったらそりゃいくだろ? キャンプ? という感じで、タイミング良く開催される街の真ん中に作られた臨時のキャンプサイトにゴーですわ。

AWAODORI CAMP

徳島 キャンプ | 日本 | AWAODORI CAMP2018

地味な街である徳島が一年の中で唯一フィーバーするイベント「阿波踊り」。

インバウンドに力を入れる体力のない徳島。

宿が足りない問題に対し、昨今のキャンプブームにのっかってホテルが取れないならキャンプする?的な感じで作られているお盆期間のみ泊まれる臨時のキャンプサイトそれが「AWAODORI CAMP」。

観光として「阿波踊り」を見物できるシャトルバスも随時出ているし、お風呂へのシャトルバスもある。料金も安い(一般サイト1区画1泊3000円)と思います。

観光客用のサービスを地元民が利用してどうするよ?って感じですけども、設営に自信のないビギナーだから家から近い方が何かといいのよ。捗るの。

最悪車ですぐに家に帰れるし。とりまゴー。

AWAODORI CAMP

お昼過ぎの1時にサイトに到着。入り口にこういうモニュメントあるのシンプルに上がりますよね。

AWAODORI CAMP

ちょっと広すぎて全貌が写せないけどもなかなか広い。オートキャンプじゃない一般サイトでもそこそこ近くに車を止めて荷物を下ろせます。

AWAODORI CAMP

まずは受付

AWAODORI CAMP

トイレもある。

AWAODORI CAMP

のみやけどもシャワーもある。

AWAODORI CAMP

空いているところをどこでも自分で選べる感じのヤツ。早い者勝ち。

ちなみにお盆初日の12日で、13時についてすでにテント立ってるので、午前中から建ててもいいのかも??

AWAODORI CAMP

という感じで、設営開始。

AWAODORI CAMP

完了。これだけ見るとアホほどすぐやけど、実際なかなかしんどかった。

ワンポールテントめちゃ雰囲気いいよね。

ユルくチルい夏

そして始まる、何もしない時間。

AWAODORI CAMP

ただただ最高なのよ、自分が作った(建てた)快適空間でボーッと冷たい飲み物飲んだりするの。

ただ、あまりにも暑かったので、タープも建てました。

正直周りのテントはコールマン5割、スノピ3割という感じで、ニュートラルアウトドアはかぶりがなくて素敵。カタチはまんまノルディスクなんやけどもね。

おやつ食べながらなね、のんびりと過ごすのよ。

ちなみに子供がプールで遊んだり、ハンモックでブランコできる憩いゾーンもあるので、ファミキャンでもしんどくないです。

つうか、観光で泊まっている人たちは昼間はテント明けて出てましたよね。観光で泊まる人は高い機材を持ち込むと盗難とか怖いね。

夕方もまたいいのよ

AWAODORI CAMP

この辺で「ランタン」なるキャンプ的な道具が登場しますけどもね。

15:00-18:00くらいの、昼の熱がだんだんとゆっくりゆっくり落ちていく感じいいのよ。

AWAODORI CAMP

子供たちはプールに行ってて、まわりはおそらく観光にでてて、ウェイな若者のおるけどもそれはそれで味として。

比較的静かに時間が過ぎていってね。

AWAODORI CAMP

お肉焼いてね。

AWAODORI CAMP

食べてね。

ロマンティックナイト

AWAODORI CAMP

まあわかってたことだけども、夜が来れば真っ暗ですわ。

AWAODORI CAMP

で、ランタンで過ごすのがまたいいのよ。

AWAODORI CAMP

ガスランタンとLEDタイプのランタンを準備してたけども、ちょうどいい。

AWAODORI CAMP

ガスランタンがまた風情があってね。使ったことある?

シューって音がして、なんともいえず優しいあかりの色が灯る。

もうちょっと寒かったらこれにたき火が加わってまたいいんだけども真夏だとたき火は暑いわ。キツい。

AWAODORI CAMP

特にすることもないので近所のスーパー銭湯に行って、22:00には寝ました。

明けて

AWAODORI CAMP

いやごめん、寝たって書いたけど暑すぎて寝れんよね。テントによっては夏場死ねるよね。次回は絶対扇風機持っていくマジで。

という感じで、朝日とともにテントを這い出す。外が又涼しく、僕たちの世界ってこんなに綺麗なんだぜ?

AWAODORI CAMP

朝焼けの中で見ても、俺の装備、いけてるわぁ。イケメン。

AWAODORI CAMP

特にすることもないのでお湯を沸かしてコーヒー入れましたよね。おはよう。

でこのあとバラし撤収なんやけど、やっぱり死ねるよね。

太陽が昇るとともに気温が上がるので、7時台に撤収。8時台には帰宅。

結論を書きますがね、こんなん楽しいよな!

自分の装備でのキャンプ楽しいよな!

こっから足りないモノや改善点を潰して、キャンプ飯モディファイしていく楽しみもあって、徳島のキャンプ場なんかぜんぜん行ったことないし、カメラもいかせて子供もたのしい遊びってなんなんこれ、こんな楽しいことがあったなんて、みんな知ってた??

お盆休みが終わりましたが。このキャンプの余韻と余熱が残っているうちにまだまだたたみかけるようにキャンプに行きたい私です。

近隣の諸先輩方や同期のキャンパー諸兄、グルキャンいこ?

平成最後の? グルキャン? いこ?

というかんじのインスタやってるのでフォロワーになろ?

View this post on Instagram

こないだのキャンプ楽しかったよなーと余韻を楽しんでいるのだけども。 タープ張るのもずいぶん慣れた気がしてる。 ただ張る方向だけども、南北に張らないと西日を防げない知見は小学校あたりで教えておいて欲しかったよね。まぶしくて暑くてここに関しては失敗。 はよ次のキャンプ行きたいのう。 。 #ニュートラルアウトドア #GEテント #GEタープ #camp #camping #outdoor #outdoors #outdoor #outdoorlife #outdoorstyle #キャンプ #アウトドア #キャンプ道具 #キャンプギア #goout #outingstylejp #hinataoutdoor #bepal #camphack取材

A post shared by シンタロヲフレッシュ (@shintarowfresh) on

次はイカしたタープの記事を読んで欲しい

文:シンタロヲフレッシュ

記事で紹介したアイテム

一緒に読んで欲しい記事

前の記事(Previous)
「休暇村讃岐五色台」手ぶらキャンプに絶景と温泉と朝食バイキングをつけて大満足
次の記事(Next)
【徳島キャンプ】「四国三郎の郷」でのんびり広場キャンプ