二本栗キャンプ村でしっぽりと森キャンプ

タイムライン

二本栗キャンプ村でしっぽりと森キャンプ

【徳島キャンプ】二本栗キャンプ村でしっぽり森キャンプ

YouTubeでキャンプ動画配信中!

キャンプ、いこ?

こういうキャンプがしたかった。

二本栗キャンプ村での当日のことを思い出しながらしみじみと思っている感想がこれ。

prasm読者諸兄は「キャンプ」と聞いてどういうアクティビティーを想像するでしょうね。

お外でワイワイ的な感じですかね? 自然の中でゆったりのんびり的な感じですかね??

実際のキャンプ場は自然っちゃぁ自然なのだけどもいわゆる高規格のキャンプ場は、芝生広場なんですよね。

野外という意味においてアウトドアだけども、それは意味そのままの「外(そと)」というだけでね。いや、広場サイトがダメという意味ではないのです。

安全に快適に外時間を過ごさせてくれるキャンプ場はありがたいと思う一方で、施設的な快適さよりも、雰囲気重視な選択肢も欲しいと思ってしまう強欲な私。

妻や子供とキャンプに行くときは快適な施設と雰囲気のバランスに気を使うのだけどね。

今回は強欲な私の願いを完璧に叶えてくれるキャンプ場に行って来ました。

二本栗キャンプ村
GoPro Hero7

二本栗キャンプ村

所在地的にいえば徳島なのですが、ほぼ香川という場所にあります。

途中対向出来ないレベルの山道を通るタイミングもありますが、徳島市内の家からおよそ1時間くらいでしょうかね。

ILCE-7RM3 — f/2 — 1/40sec — ISO-125 — 135mm
ILCE-7RM3 — f/1.8 — 1/1600sec — ISO-320 — 135mm

↑奥に見える建物がトイレ。

女性用は鍵付きの個室になっています。

各サイトに水場がついているような高規格サイトではないので、ウォータージャグや水のペットボトルは持っておきましょう。

水場までは少し歩きます。

ILCE-7RM3 — f/1.8 — 1/640sec — ISO-100 — 135mm

昼寝もまた快適。

ILCE-7RM3 — f/1.8 — 1/80sec — ISO-100 — 135mm

思い思い、各自好きなことをして過ごす至福タイム。

コーヒーギアとして、3カップ用ハンドル付きケメックスを導入。やはり映える。

ILCE-7RM3 — f/2.8 — 1/160sec — ISO-200 — 135mm
ILCE-7RM3 — f/1.8 — 1/200sec — ISO-320 — 135mm
ILCE-7RM3 — f/1.8 — 1/125sec — ISO-320 — 135mm

自然みが溢れているので、普段よりも冒険が楽しいキッズたち。

パパである私の焚き火欲は、SOLO STOVE で満たします。

なんだかんだで後片付けが面倒なので、スノーピークの焚き火台は、この日はお休み。

落ちている木や葉っぱ、松ぼっくりなんかを拾って燃やすネイチャーストーブが二本栗キャンプ場にはマッチしますね。

ILCE-7RM3 — f/1.8 — 1/400sec — ISO-100 — 135mm

タープを建てなくても自然の木陰が気持ちいい。

HERO7 Black — f/2.8 — 1/170sec — ISO-636 — 3mm

いちおうオートキャンプ場と言うことで、写真の外に車も停まっているのですが割り当てられている区画がめちゃくちゃ広いです。

この日はほぼ貸し切り状態でした。

ILCE-7RM3 — f/1.8 — 1/60sec — ISO-2500 — 135mm

夜時間。

風が枝を揺らす音と鳥の鳴き声しか聞こえてきません。

ILCE-7RM3 — f/3.2 — 1/60sec — ISO-2500 — 135mm

この日はBBQじゃなくて、クッカーでトマトすき焼き。

ILCE-7RM3 — f/3.5 — 1/60sec — ISO-4000 — 135mm

定番キャンプ飯のアヒージョ作りは娘も手伝ってくれます。

明けて翌日。

ILCE-7RM3 — f/2.8 — 1/400sec — ISO-200 — 135mm

朝ご飯はホットサンド。

スノーピークの良デザインなバーナーをテーブルに置いてのクッキング。

火起こししなくて良いので、最高に捗る。

ILCE-7RM3 — f/2.8 — 1/250sec — ISO-200 — 135mm
ILCE-7RM3 — f/2.8 — 1/160sec — ISO-200 — 135mm
ILCE-7RM3 — f/2.8 — 1/160sec — ISO-200 — 135mm

ホットサンドは洗い物も少ないし、手軽に暖かいごはんが食べられて捗ります。

この日の具はアボカド、トマト、ベーコン、チーズ。

風の音に癒やされ、存分に「しっぽり」できるキャンプ場

高規格な広場キャンプ場では子供たちはあまり冒険したり走り回ったりしないのですが、二本栗キャンプ村ではぜんぜん違う表情になっていましたね。

子供に体験させて上げたい「自然味」というのはこういうことなんだなぁと。

最後になりましたが、こちら、二本栗キャンプ村の管理人さんがめっちゃくちゃ良い人で、チェックイン、チェックアウト時間は相談して下さいとのことでした。

一般的には10:00や11:00チェックアウトのキャンプ場が多いのですが、せっかく来られたのでのんびりして欲しい、とのご厚意で、お昼過ぎまで滞在されるキャンパーの方もいらっしゃるようです。

次は午前中からいって、のんびり次の日のお昼過ぎまで堪能したいなぁと思いました。

二本栗キャンプ村

文:シンタロヲフレッシュ

一緒に読んで欲しい記事

前の記事(Previous)
キャンプから始まる令和