LEDランタンどうするよ?問題

タイムライン

LEDランタンどうするよ?問題

キャンプ場の夜は暗い。

いや、キャンプ場だったらまだ他のキャンパーがランタンを炊きまくっているので純粋な闇というのは回避できる。これからはだんだんとオフシーズンに突入し、寒くなってくるし、完璧に整備されたキャンプ場ではなく、ちょっと自然に突っ込んでいくような環境をチョイスしちゃったりなんかしちゃったりすると現れる「自然の闇」はマジで危ない。

夏場で月があれば「暗さ」をエンタメとして楽しむ余地もまだ、ギリで、ギリであるかなー?とも思えなくもないけども、夏以外の闇は「恐怖」そのもので。

で、いろんな燃料で明かりを確保して安全に楽しくキャンプをするのよね。

ちなみにうちでは「ガス缶(OD缶)」を燃料とするコールマンの「ノーススター 2500 ガスランタン」をメインランタンに据えていて、ランタン然としたデザインや十分すぎる明るさには満足をしている。

ただねー、明るいランタンが「1つ」では、ちょっと心許ない。ダメというわけじゃないけども、キャンプに求める「雰囲気」や「安全性」を確保して高める為には、2つ……いや正直5つはあってほしい。

サイト全体をぼんやりと把握するためにメインランタンが1つ、タープ周りの団らんリビングを明るく照らすのが1つ、テーブルの上で雰囲気を高めてくれるのが1つ、料理用のキッチンを構えるなら作業用に1つ、テントの中にも明かりが必要だから1つ、キャンプの夜を楽しむ為には最低でも4つは必要で、なんなら4つと言わずあればあるだけよい。

でもほら、積載って限界あるやん。そして財布にも。

手持ちにもLEDランタンあるけども、雰囲気おしゃキャンを目指すため、よりよい道具に乗り換えていくのです。

いくつでも欲しいLEDランタン

LUMENA(ルーメナー)

本命はルーメナーかなぁ。

デザインもよいし、明るいって評判。

正方形の1と長方形の2の違いは、放水防塵性能で。よりシビアな環境で使うなら2だけども、ファミグルキャンなら1で十分かな。

ガジェガジェしたのが好きな人には間違いない逸品ですね。

Barebones Living(ベアーボーンズリビング)

デザインがかわいいBarebones Living(ベアーボーンズリビング)。

Barebones Living – ベアボーンズ・リビング・オフィシャルサイト

ビーコンライトはカラビナがついてるし、自立するし、機能的にも十分ですね。

最近出たペンダントタイプの「エジソン ペンダントライトLED」も可愛い。こんなんタープ内に吊り下げたいよなぁ。

ベアボーンズリビング エジソンペンダントライトLED ブロンズ

ベアボーンズリビング エジソンペンダントライトLED ブロンズ

3つくらい連結して吊り下げたらタープ下すごい雰囲気良くなりそう。

あると捗りそうなアイテム

高いところに設置出来ると、明かりが広がってよいよね。

ハンマーなしで地面にさせるランタンハンガー。名作のパイルドライバー。

うちでも愛用してます。

タープ下に吊るならちょっと値ははるけども……

長さの調節ができるロングデイジー。

超定番アイテムをリリースしてくれるスノピよ、さすが。

欲しい系記事特有の、書いたら買ってまうやつ

キャンプはもう道具を選ぶところから始まっているのよね。このあーでもない、こーでもないが楽しい。

今月末もキャンプ決まってるし、いずれ全部買うとして、どれから買うか。

もうしばらく悩みます。

コンセントささるタイプのモバイルバッテリーも絶対捗るよな。

これって、ドライヤーとかも動くのかなぁ。キャンプに持ち込みたい家電って、けっこうあるよね。防災の観点から言っても、1つあると捗るきっと。

便利なアウトドアワゴン、ショップ限定色でかぶりを防ぐ!

Amazon限定の緑はシックで良いね。地面に置きたくない荷物入れにも便利。

文:シンタロヲフレッシュ

フォロワーともだちになってもらえると、とても嬉しい!

友だち追加
友だち追加

フォローはまだちょっと…? ではブログの定期購読はどう?

follow us in feedly
↓今月の特集もあわせてチェック!↓
月刊 prasm 7月号「便利さは超弩級!小さいモノ特集」
月刊 prasm 7月号

「小さい」ことは
いいことだ

一緒に読んで欲しい記事

前の記事(Previous)
Hilander(ハイランダー)のウッドクーラースタンド、これ名作の予感
次の記事(Next)
9月に買ったキャンプギア