噂のレンズスタイルカメラ「DSC-QX10」をゲット!こいつはかなりの曲者の予感!!

噂のレンズスタイルカメラ「DSC-QX10」をゲット!こいつはかなりの曲者の予感!!

目次
スポンサーリンク

いやー、人生で初めてソニーのスチルカメラを買いました。

ビデオカメラはもうソニー一択でいいだろうと思っているのですが、まさかソニーのデジカメを買うことになるとは!それくらい衝撃的な商品でしたね。

とりあえず撮影したくてワクワクですが、アンボックスを先にやっちゃいましょう。しかしまあ、曲者カメラですね、僕のiPhoneは光学ズームをゲットしましたよ!

写真で見るアンボックス

箱です。丸い箱です。

IMG_0190-pt

カパッと開けると。

ご対面!かと思わせておいて、国産的な過剰包装。いいね、じらしてくるね。

IMG_0193-pt

いきなりご対面のほうが個人的には好きですけどね。説明書なんかがスッキリと収納。

IMG_0194-pt

付属品はストラップとスマホと合体させるアタッチメントなやつ。それから充電用のマイクロUSBのケーブル。

IMG_0196-pt

引っ張りましたが本体です。

IMG_0199-pt

側面。ステータス表示用のちっさい液晶も装備してます。

IMG_0202-pt

側面シャッター側。光学ズームボタンがいいですね。カメラって感じですね。

IMG_0200-pt

裏側。シリアルやらです。

IMG_0201-pt

底面。三脚用の穴も装備。このカメラは基本的にはリモートでシャッターはスマホで操作なので、レンズだけどこかに据え付けるという使い方もありですね。

IMG_0204-pt

底面を開けると電池とmemory cardを装填する事ができます。

IMG_0205-pt

使えるカードはこんな感じ。

2013-10-30_1549

wifiに繋ぐときのパスワードが書かれているので、憶えておきましょう。

充電用のマイクロUSBの穴。

IMG_0208-pt

とりあえず付属の電池を入れてみます。

2013-10-30_1550

一回のフル充電で200枚程度。まあ十分かな今のうちは。

IMG_0210-pt

はい、起動させてみました。

IMG_0211-pt

電源ボタンは本体上部。緑がなんともソニーっぽいと思うのは僕だけか(笑)

IMG_0214-pt

いちおうスマホと合体。

IMG_0215-pt

この形で使うことを僕はあんまり考えてないんだけど。まあ、やっぱおもしろいアイテムですね。

IMG_0216-pt

記念に撮影している自分を撮影。

IMG_7255

レンズとファインダーが離れているのって、これはなかなか刺激的ですね!

おさらい的にこのカメラを選んだポイント

まず最初に画質には全く期待してません(笑)

2013-10-30_1556

このスペック、屋内ならiPhone5 sにすら負けてしまうかも知れません。

  • カメラ本体でハイビジョンのビデオ撮影が可能
  • ファインダーとレンズが離れているからいろいろ自由
  • なによりこんなおもしろいガジェット見たことない!

お布施とか寄付に近い感覚ですけど、お金をはらったからには元を取らないと!

とりあえず、iPhone側のアプリ「PlayMemories Mobile」の使い勝手がいまいちなのと、やはり無線接続の限界か、ズーム操作やフレーミング時の遅延はなかなか手に余るモノがありますが、こいつは曲者と割り切って、気軽に持ち運べる面白ガジェットとして生かしていきたいですね。

プラスチックな本体なので高級感はありませんが、レンズだけっていうおもしろさとメカメカしさ。面白ガジェット好きにはなかなかたまらない質感です。

ちょこっといろいろ弄ってみます。はい。いやー、可愛い奴やで。

追記。作例載せてみました。

PlayMemories Mobile 3.3.1(無料)

カテゴリ: 写真/ビデオ現在の価格: 無料(サイズ: 6.7 MB)販売元: Sony Corporation – Sony Corporationリリース日: 2012/01/09

  • ss1
  • ss2

App Storeでチェック!

文:シンタロヲフレッシュ

いいかい?
超関連記事

一緒に読んで欲しい記事