ブログで飯を喰っていない普通のブログ運営者の僕がヒットを夢見て魂に刻んだ記事まとめ

ブログで飯を喰っていない普通のブログ運営者の僕がヒットを夢見て魂に刻んだ記事まとめ

目次
スポンサーリンク

ブログの運営はフルマラソン走りながらテトリスするみたいなものだ。

というのは僕の言葉です。ブログを作って運営するのは簡単ですが。魅力的なブログを作って人気を得るのは難しい。

ブログを書いて飯を食べていきたい人も、ゆるふわで楽しみたい人も、ブログを運営するなら一度は目を通して見るべき、僕が魂に刻んだ記事をお知らせします。

ブログデザインに悩んだら

ブログのデザインに関しては、パクればイイと思ってます。
もちろんパクるのはソースコードではなくて作り手の意識です。

自分が素敵だと思ったブログは、どのような考えでレイアウトされているのか、デザインされているのかという、思考をパクるべきです。

まあ、よくわからなければ、好きなブログと同じようなデザインを組んでみることをオススメします。

真似することによってクリアすべき技術や、変更をかけたい場所が浮き彫りになって、最終的に自分のセンスになるモノです。

Webクリエイターボックスのデザインをリニューアルしました! | Webクリエイターボックス_

一番最初に僕がデザインで参考にしたのは「webクリエーターボックス」です。

デカいヘッダーや、印象的なカラーリング、とにかく新鮮でしたね。

今はデザインは変わってしまいましたが、どうしてどのように変更したのか、こういう変更点がとても参考になります。

月15万PVを生むブログをデザインしたときに徹底した7つの要素_

戦略的にブログを作って、数字を取っている希有な例がバズ部ですね。

正直デザイン自体は洗練されていませんが、ここに書かれているコトはすべて頷けるだけの説得力があります。

成功するブログを作るためにはデザインは避けて通れないと僕は思っていますが、なにも、洒落乙な見た目にすることだけがデザインではありません。

SEO効果抜群のWordpressテーマを作るために抑えておくべき7つの項目_

たくさんの人に読んでもらいたいと思うのなら、Google先生と仲良くするのは大事です。

人間にもクローラー(Google先生)にも優しいコーディングや文章を書く意識は、SEO云々のまえに持っておくべき意識ではないでしょうか。

ブログ記事のタイトルに悩んだら

ブログの記事を書いたら、たくさんの人に読んでもらいたいですよね。とはいえ、記事内容と合致しないタイトルを付けるのは禁物ですよ。

検索からあなたの記事にたどり着いた方は、記事タイトルだけ見てあなたの記事を読むんです。そこで記事内容と関係ないタイトルだったらがっかりされますよね。

がっかりする人間の多い記事は、当然Google先生からも嫌われます。具体的には直帰率や離脱率に表れます。その辺のデータをちゃんとgoogle先生は把握してますからね、怖い怖い。

Twitterの大衆化によってブログ界隈における『タイトル』に変化が起きている*ホームページを作る人のネタ帳_

タイトルに関してはこの記事が革命的にわかりやすかったです。

検索だけに意識を置いてもだめだし、ソーシャルでクリックしたくなるタイトルも大事だし。とはいえ、やはり一番大事なのは内容に嘘をつかないことですね。

本当は教えたくないSEO!アクセス数が20倍になったブログタイトル32文字の法則 | Chrome Life_

考える人はここまで考えてブログ記事を書くのだなぁとホホウとなった記事です。

真似する必要はないでしょうけど、一応知識として知っておくと、いろいろなバリエーションが得られます。

ホッテントリメーカー_

どうしても思いつかなかったら、こういうの使えばいいんじゃないですかね?

運営戦略に悩んだら

ブログを短期間で月間10万PVにする方法を公開します 僕の18個の戦略 | Last Day. jp_

少し古い記事ですが、基本的な考え方は全然今でも通用しますね。

記事のクオリティーを保って、更新頻度を保って、そしてソーシャルでの爆発を静かに待つ。これ以上に打てる手はなかなか思いつきません。

人気ブログの共通点の一つが「読みやすさ」です。

読みやすいブログにするためにはやはりデザインは避けては通れません。正しいHTMLの書き方や、最低限読みやすくするためのCSSでの装飾は勉強して損はないでしょう。

文章力に悩んだら

読みやすい文章を書くための技法 – #RyoAnnaBlog_

勇気をもらいながら、絶望的な距離感を感じる記事です。

個人的にシェアされる記事のパターンは
  • 役に立つ
  • 共感する
  • 面白い

この3つしか存在しないと思っています。

そして、この3つの感情をすべて併せ持つ記事、これ以外に読んだことがありません。

読みやすい記事は、読みやすくする!という意思から始まるんですね。

google Adsenseを使っているなら

ブログに広告を貼るタイミングに関してはいろいろ意見がありますが、最初はまあ手を出さないことが無難だなぁと僕は思います。

もちろん意識高く、稼いでやるんや!おるぁ!と張りまくるのも悪くないと思いますが、先に運営のサイクルを身につけてしまうことや相談できる仲間を見つけることの方がよほど近道です。

自分の試してない広告なんかも知り合いが試してて意見をもらえたりしますからね。

とはいえ、張るなら張るで知っておくべきことがいくつかあります。

[Я]アドセンス(Adsense)設置ページでやらかしてはいけない注意点 : りくまろぐ_

とにかくミスクリックを狙う作戦はやめましょう。

スマートプライシングとは? | AdsenseMania_

アドセンスは我々ブログ書きにお小遣いを払うために運営しているわけではないので(当たり前)広告出稿者に不利益にならないように単価を操作している(と思う)のは当然と言えば当然ですね。

アドセンスに関してはPV数に依存します。たくさんの方に役に立つ記事を書いて、そして広告がクリックされるというイイ流れを作らなければ、ご飯を食べるのは難しいでしょうね。

パクリに対向するなら

ブログが有名になったりあたり記事が生まれたりすると、ハイエナがわきます。

役に立つ記事、有名になった証といえば聞こえがいいですが、何の苦労もせずにPVだけ持って行かれるのは我慢が出来ませんね。

ブログ記事がsque Inc.の「LINEナビ」に丸パクリされた話 | しゅうまいの256倍ブログ neophilia++_

時には戦う姿勢も大切です。

拝啓、ガジェット通信 様。寄稿の件、謹んでお断りさせていただきます。 : I believe in technology_

おいしそうな話しが降り注いだとき、おびえてチャンスを逃すのももったいないと思いますが、何に重きを置くか見極めるのも大事なんですね。

アクセス数に悩んだら

ブログ書き100人いたら、まあ100人が頭をよぎるテーマですね。

一つだけ言えるのは例えば1000はてブとっても、3日でPV数は元に戻ります。それだけでどうこうなったりはしません。一過性の大きなPVよりも、日々の積み重ねのほうが圧倒的に数字になります。

ブログの悩みの半分くらいは「とにかく書く」で解決できる | delaymania_

しんどくなったら休めばいいし、それでもとにかく書いて流れを作れるようになって、仲間が出来ると楽しさが圧倒的に跳ね上がります。

自分の存在をアピールするためにも記事を書くことがなにより大事ですね。

まずは「書き続けられる仕組み作り」を大切にするとイイでしょう。

運営方針に悩んだら

極論そこそこ長く続ければ、意に反する人やムカつく意見もあるでしょう。

見なければいいし、無視すればいいでFAなんですが、自分の中で何かしらの筋を持っておけば、ぶれることなく安心して続けられる気がします。

俺のブロガー精神論 – シロクマの屑籠_

何事も流されてはダメだし、意見を変えられるフレキシブルさも必要ですね。

[N] ネットで”平熱”でいることの意味_

書き続ければ、それはそれで一つの結果だし、プライドにつながるのではないでしょうか。

まとめ

ブログで飯を喰っていない僕にとってすべては自己満足です。

趣味と言い換えてもいいかもしれません。

趣味は本気で取り組んでこそ楽しくなります。むしろ飯を喰うためにリスクヘッジする必要がないので、さらにもっとアグレッシブに楽しむことが出来ます。

草野球でどろんこになる大人を笑いたい人は笑えばいいんじゃないですかね。

僕は進んでどろんこになりたいものです。

知らない記事があれば是非とも目を通して見てください。

文:シンタロヲフレッシュ

いいかい?
超関連記事

一緒に読んで欲しい記事