大技の前のジャブやローキック

大技の前のジャブやローキック

バリスタ

に選定していただきました。✌('ω')✌

うちのブログってポエミーな記事が多いのよね。

エッセイ記事なんかはまだ価値観や考え方をタイトルに折り込めるんだけども、それでもタイトルだけで内容を理解できるようなもんでもなくて。

ブログのテクニックでは読者の解決したいこと、享受できるベネフィット(利益)、検索者の欲しい情報や答えを織り込んだタイトルを! 的な感じなんだろうけども、エッセイ本の目次的に、また雑誌の特集扱いとしてブログ記事を書いているのこのブログなので、実用的なタイトルならまだしも、無駄に大げさだったり不安を煽ったりするタイトルはちょっとなぁ、と。

今のポエミータイトルなブログスタイル、ブログを僕の作品として捉えるならばの自己の満足感は上がっている。ただ結果的に検索からの流入は下がる当然の因果関係。

もちろんどんな流入経路であろうとブログは読んでほしい。

ただし、こんだけ細分化の時代である。僕に興味を持ってくれている人や感じ方の近い人に読んでほしいというのが正直なところで。

タイトルだけで引きのある記事を書ける人はすごい。もうすごい。

ただ、僕にとってはちょっと難しい。じゃあどうするのか。

ブログ記事、って必殺技的大技の部類ちゃうかと仮定。

記事紹介のツイートに記事のアイキャッチ画像や本文の要約、記事の頭部分をメタ情報的に付与することもできる。できるんだけども、はいはい宣伝乙で主にスルー。そりゃそうだ、時間は有限なのだ。

であれば、ジャブやローキックにあたるツイートを先行で走らせる。考え方や思想を混ぜて、パクッと食べやすいサイズで。ほほうってなってくれる人にドンというのを今試している。

あしたのジョーでもあしたのために(その1) にすぐジャブがきてる。

正確なジャブ三発につづく右パンチは その威力を三倍に増すものなり

なるほど。

ジャブ、やや 内角をねらいえぐりこむように打つべし。気づきに感情や思想を載せるべし。

ローキックの重要性はマンガ「破壊王ノリタカ!」を参照されたし。

対面の格闘技の経験はないけども、大技をぶちかますには「意表を突く」か「ガードを下げさせる」のどちらかしかないのだろうなぁとなんとなく理解はできる。であるならば、話を聞いてもらうときだって、企画書を提出するときだって、クライアントに提案するときだって、家族になにかを頼むときだって、メディアの運営だって基本は同じなのだろう。

破壊王ノリタカがあなたの人生の参考になれば幸いである。

文:シンタロヲフレッシュ

フォロワーともだちになってもらえると、とても嬉しい!

友だち追加
友だち追加

フォローはまだちょっと…? ではブログの定期購読はどう?

follow us in feedly
↓今月の特集もあわせてチェック!↓
月刊 prasm 5月号『サク旅』
月刊 prasm 5月号

「日常の延長線上の日常」

\シェア多謝!/

コメントは大切に読ませてもらっています。

一緒に読んで欲しい記事

前の記事(Previous)
春の海とシルエット
次の記事(Next)
心の声