[Kindle] 発売日に漫画が自分に端末に勝手に届くって、改めて未来だな

[Kindle] 発売日に漫画が自分に端末に勝手に届くって、改めて未来だな

目次

ひとこと。

バリスタ

に選定していただきました。✌('ω')✌

スポンサーリンク

相変わらず読書はKindleです。

たまに激安で本を売ってくれるので、古本屋さんで本を買うことがなくなりました。ごめん、ブックオフ。

敬愛する森博嗣の小説なんか、昔の奴なら100円で買えるので、古本最高!とか思っていたんですけど、かさばらない読書体験が完全に肌にフィットしていて、電子書籍(Amazon)以外で本を買う気に現状なれない私です。

そこへきて、ですよ、発売日に漫画が勝手に配信されるんですから、これって、軽い衝撃です。

iTunesでアルバム予約した時も、同じ感覚になりました。

発売日になれば、もう自分のパソコンで聞ける環境にあるわけで、iTunesで買っておけば、iPhoneにも無線同期だから、特に何の準備も意識もなく、端末にすでにあるんですからね。

便利です。

便利なんですけど、同時につまらないなぁとも思ってしまう、微妙な30代の私。

ほら、中学生の時とか新譜買いにCD屋さんとかにいってワクワクしたり、発売日に漫画買いに行って読んだりした、なんだろう、あの渇望して、それを手に入れるうれしさ!みたいなのが、自動配信にはないっていうか、ああ、今日発売日か、的な。

便利だけどもったいないけど便利、的な。

少なくともこれから生まれてくる子供達はCDなんか買うことなくデータのやりとりに生きるわけで、これもう完全に世代間のギャップというか、自分もチーム分けしたら完全に「トニセン」なんやなと、苦笑い必死ですね。

トニセンがわからない層はグーグル先生に質問しなさい。はい。

文:シンタロヲフレッシュ

一緒に読んで欲しい記事

いいかい?