2000個のテニスボールを使った凍った時間のアートが完全に「荒木飛呂彦のザ・ワールド」で涙が出た

タイムライン

2000個のテニスボールを使った凍った時間のアートが完全に「荒木飛呂彦のザ・ワールド」で涙が出た

バリスタ

に選定していただきました。✌('ω')✌

パソコン画面を見て魂が震えたのは初めてです。

これは凄い、掛け値なしにすごい。

やろうと思って出来ることじゃない。ほんとうに、肉眼で見てみたかった。心からそう思う。

スペインのアーティストAna Solerさんのアートワークです。「Causa-Efecto (Cause and Effect)」、超和訳すると「原因と結果」、なるほど。

2012-08-09_1112

2012-08-09_1110_002

2012-08-09_1110_001

2012-08-09_1110

2,000 Suspended Tennis Balls Appear to Bounce Through Mustang Art Gallery | Colossal

確かにボールは跳ねる。

お洒落すぎるオフィシャルサイトでじっくりとどうぞ。

http://anasoler.es/

文:シンタロヲフレッシュ

一緒に読んで欲しい記事

前の記事(Previous)
完全に水辺で楽しめる防水音楽グッズが、やっぱ気になる訳で
次の記事(Next)
剥き身の電球を使ったニュートンの振り子実験アートが実に素敵!

関連するおすすめ商品