気力、というリソース

気力、というリソース

目次
スポンサーリンク

祖母が亡くなりました。暗い話をするつもりはないですがひとつの折として。

本を読むのが好きなので日常の隙間を見つけ、ときに古本を買い、電書で買い、読み放題サービスを利用して雑誌も読んでおります。

解決すべき課題は山積み、吸収すべき知識は日に日に増えていき、親はあってもなくても子は育っていきます。

単純なエンタメであり、生きるヒントをくれる読書の時間は、仕事をして子を持つ親としてとても大事な時間であり、率先して読書をしたいなぁと感じる私です。

さて、読書をするのに必要なのは、時間、だと思っていたのですが、実は私にとってはむしろ「気力」のようなもののほうがよほど重要なようです。

時間に関しては、何かを諦めたり、切り詰めたり、効率化すれば意外となんとかなるものですが、気力に関してはわりとどうにもならんな、と最近は感じます。

心身ともに健康、とはよく言ったもので、体力的にはそこまで減ってないし、時間も必要なだけ確保できる、にも関わらずページをめくる気が起きないのはそれはもう気力の問題なんでしょう。

宿屋で眠って回復するなら捗るのですが、この気力というやつはなかなかにやっかいです。

体の疲れ・痛みはまだ計測できるかもしれないだけに、気力という問題はよりセンシティブです。

もちろん、体と心はつながっているので、どちらかを補えば自然とバランスがとれるのも事実。現にジムに行った日なんかは体は疲れているけども、読書も捗るしよく眠れます。

目に見える体、目に見えない心(気力)どちらも重要だけども、むしろ手で触れられない気力にこそ重点を置きたいなー、と感じている私です。

目に見えないモノを大切にしたい

例えば僕が仕事でやっていることは、表面的にはホームページを作ること、なんだろうけども、デザインの美麗さ、文字の読みやすさ、パフォーマンス、なんか以外にも使い勝手、印象のような数値にして計測しづらい価値がたくさんあります。

人で言えば、生き方、とか働き方、チームマネジメント、体力、気力、あたりはゲームでのステータス・パラメーター表示のように目に見える数値で表示はしてくれません。時代が進めば全て表示出来るのかもしれないけども、現状まだ、そこまで技術は進歩してないですね。

年収や肩書きなんかも1つの指標なんでしょうけども、それでその人全てが表せているとはまだまだとうてい思えないです。

数値で評価してくれれば苦手なことはやらなくてもよくなってそれはそれで素敵だなとは思うのだけれど。

今日が最後の日かもしれないメソッド

自己啓発系の本でよく出てくる悔い無く生きる的な例のアレですが、実際はなかなかどうして自分の身に置き換えるコトができません。

流石にどれだけ睡眠時間を削って死ぬ気でやっても1日で出来る仕事の量には限りがあるし、今日本気出しすぎて明日ヘロヘロになったら総量としてはなんならマイナスになる可能性があるからです。

やりたいことだけをやって生きる事は大事で素敵な事だとは思いますが、その生き方を他人にも啓蒙・強制するのは確実にミスっているよなとも思います。

ワークライフバランスという言葉の通り、重要なのはバランスであって、どちらかに傾くことが絶対に正しいなんてことが、あるはずが、ないですね。

お金のために働いたって、好きなことじゃなく得意なことで対価を得たっていいじゃんか、という話しです。

他人にとっては多様性を認めつつ、とはいえ自分の中ではポリシーを持って生きたいなと感じる私で、それでいいと思うし、誰になんと言われてもそうしようと思います。

妻も子供もいる僕が今日が最後の日かもな、なんて思いたくもないですが、ポリシーに添って悔い無く生きなければな、と立ち位置を確認するのにお葬式・荼毘に付すというシステムはとても優秀だな、と感じる私です。

だってまあ、やっぱ、死ぬからね。

気力はリソース

MP(マジックパワー)を発明したのはドラクエかなんのゲームなのかはわからないですが、ゲームによってはMPが空になると気絶するものもあるようで、ゲームのようにアイテムで回復できない(にも関わらず心ない言葉で一気に削られる)重要なリソースの増減に対して慎重に取り扱いたいなと感じます。

もちろん、自分のMPだけではなく、家族のMP、同僚のMPに対しても。

ちなみに、今年の目標は、ダイエットです。

はい。

文:シンタロヲフレッシュ

いいかい?
超関連記事

一緒に読んで欲しい記事