寄れる単焦点が欲しい。そこで「TAMRON SP 35mm F/1.8」だ

prasmっていうブログだよ

寄れる単焦点が欲しい。そこで「TAMRON SP 35mm F/1.8」だ

ryoannaさんがフォトエッセイばっかり書くもんだからもう、レンズが欲しくなっちゃうじゃない!

#RyoAnnaBlog

ぶっちゃけ手持ちのカメラとレンズ

「Sony α7Ⅱ」使い始めのレビュー。これは最強のパパカム * prasm

Sony Eマウントフルサイズ用ツァイス「55mm F1.8」の習作 * prasm

α7Ⅱはレンズキットで買わずに、迷って選んだのが「SEL55F18Z」。 人間の視野角に近く標準域といわれる50mm前後のツァイスはこれ一本なので、必然的に最初の一本はこれという流れです。

α72とツァイスの55mmにはそこそこ満足しているんですが、やはり55mmさんのよれなさがなかなかストレスなんですよねぇ。

標準域の単焦点は総じて寄れない、と言われてきた中、寄れる子もいるんですよ。

マクロレンズとかを使えば寄れるけども、あくまでも35mmのまま寄れるの、かなり理想的。

TAMRON | SP 35mm F/1.8 Di VC USD

タムロンの新しい35mmは最小撮影距離が0.2mなのよ。

ガジェットレビューとかだとパーツのアップとか撮影するから寄りたくなるけども、手持ちの55mmは最小合掌距離が0.5mでむしろのけぞって撮影するスタイル。

あとご飯ものけぞって撮影するしね。せめてのけぞらずに撮影したい。いやむしろもっと寄りたい。

焦点距離を近づけるべく

マクロアダプターとか付けてみた。合焦距離が近くなって便利は便利だけども、付け外しが面倒。

アダプターナシでネイティブにここまで近寄れるレンズはかなり珍しい。

単焦点としてのレンズ性能に寄れる機能性・機動性まで持たせて、こいつはスーパー気になるレンズで、ほしいのよー。

宣伝用の動画も、美しい。

ただまあなんというか、ありがちなオチで、僕の使っているカメラのマウントには直接対応してないのよね。

ここでごり押しでマウントアダプター覚悟で買うか、どうするか。

結構特殊な仕様のれんずなのでSonyが純正で出してくれることは、まあ、ないよな。

この辺がα7使いの悩みですね。

キャノンのフルサイズ機も欲しくなってくるぜ、まったく。

次回の記事は
「骨伝導りたい」
読みのがしなくッ!

一緒に読んで欲しい記事

おすすめ商品