簡単におもいつくこと

簡単におもいつくこと

バリスタ

例えば、空間にビュインと広がるディスプレイ、この手のアイデアってのはそれこそ僕が子供の頃から、つまりは30年以上も前からアイデアとしては存在していて。

このタイプの誰でも思いつきそうなやつって、賢い人がいい感じに実用される方法を実現してくれるんじゃないの? と他力本願に思っているのだけども。

じつは、誰でも思いつきそうなことほど、実現するのは難しいのかもなぁとも思うのです。

空間にビュインと何か謎技術で映像が浮かべるよりも、眼鏡やコンタクトにオーバーレイして実現する方が結果として同じ現象を作り出す、的な。

今僕が欲しいのが、飲み物があったかいままのマグカップ。

USB飲み物ウォーマーみたいなのはこの世界にあるんだけども、完全にカップのままで中の飲み物をあっためたりできる製品ってなんかありそうなのにないんだよね。

給電はQiとかでさ、中の飲み物をいい感じにあってめてくれるの。

レンジで2分チンすればたいていの飲み物はあったかくなるんだけどもね。それでも注ぐだけでいい感じになるカップとか、もうあってもいい気がするんだよなぁ。

基本的には電子ケトル系の製品には、水以外って沸かしたらダメなんだけども、ああいうのでウーロン茶とかをあっためて、いつでもホットウーロン茶が飲めたら嬉しいなぁ。

コンビニにあるようなホットウォーマーみたいのって、家庭用にはまだまだ普及してないよね。

冷温庫みたいな商品っていろいろ出てるんだけども。

いい感じに飲み物をあってめてくれるマグカップ、って安全面とかも危ないのかもね。熱くなりすぎたり、火傷したり。

しかしまあ、なんというか、いやもうこの世にあってもいいんじゃね?って商品が逆になんでないのか、ってことを考えるのは楽しい。

5000円くらいまでなら出すので、クラウドファンディングとかで頑張ってほしい、いい感じに飲み物があったまるマグカップ。

文:シンタロヲフレッシュ

フォロワーともだちになってもらえると、とても嬉しい!

友だち追加
友だち追加

フォローはまだちょっと…? ではブログの定期購読はどう?

follow us in feedly
↓今月の特集もあわせてチェック!↓
月刊 prasm 7月号「便利さは超弩級!小さいモノ特集」
月刊 prasm 7月号

「「小さい」ことはいいことだ」

\シェア多謝!/

コメントは大切に読ませてもらっています。

前の記事(Previous)
好きなものは、消える
次の記事(Next)
アウトドアチェアの罪悪感の無さが実にフィットする