つよいブログ

つよいブログ

ひとこと。

バリスタ
スポンサーリンク

アサイチに読んで気が楽になるような文章を書きたいと思っている。実は。

“気が楽になる”もしくは“ややクリエイティブになる”どちらかという感じで。なので本来的には8時くらいに文章を放り込めるといいよなというのが希望的観測。

生活サイクルに溶け込むとつよい。朝専用ブログ。書いているのは昼過ぎか夜半。

目指すはつよいブログだ。

僕の各文章の内容はといえばビジネス書や自己啓発書に書いているようなことかもしれんけども、それでもぶっちぎりポエミーにポエミングな方向で突き抜けたい。

ビジネス書も自己啓発本も娯楽としては面白いんだ。(僕はAudibleでよく聞いている。)

はてな・アメブロには圧倒的感謝系ポエムブログもあるんだろうけども、別にメンタルが弱っている人につけこみたいわけじゃない。

僕と同じように何らかの仕事をして家族・友人・知人と楽しく暮らしたいという人たちに、適度に気を抜きつつなんなら何かを解決し改善しつつ一緒に頑張ってやろうやというのが主な目的である。

うーん、もうちょっとドライな感じがいいな。僕は好きにするから、君も好きにしたらいいよ。ただまあ環境に差はそこまで無いぜ。くらいは距離が遠い。肩組むほど寄られても困る。人見知りなのだ僕は。

上からでも下からでもない、言うなれば斜め後ろ8メートルからの目線である。

いや実際そういう文章を書いてみると頭の体操になってよい。誰かに向けて言っていることのほぼすべてが自分に向けて言っているわけだ。僕にメリットはもちろんある。

そういう役割は連続テレビ小説とかフレンドリーな司会者が展開する朝番組が担っていたんだろうけども、なんにつけても細分化の時代だ。僕もその末席でお茶を濁そうと思う。

これはまあ同じように血が通い、気分も機嫌もある人間の仕事だと思う。AIにも……出来なくはないだろうけども、いやまだ僕の方がうまくやれる。

うまくやれるならやるまでだ。

文:シンタロヲフレッシュ

いいかい?