騙されるとわかって読んでいても騙されるンだから、もう!乾くるみの「イニシエーション・ラブ」ネタばれなし

騙されるとわかって読んでいても騙されるンだから、もう!乾くるみの「イニシエーション・ラブ」ネタばれなし

目次
スポンサーリンク

Kindleが快適すぎます。

時間を見つけては読書をしているんですけど、ちょっと仕掛けがおもしろかったのでご紹介。

いろんなミステリーまとめなんかに名前が挙がっているので、名前だけなら知っている人もいるかも知れませんが

これ。

前評判通りというか、いやー、やられました。

最後までよんで、ん?ってなって、ページを戻ってうぁあああああああああああああ!っていうおきまりのアレです。

まず間違いなく、最後まで読んだらもう一回頭から読んでしまいます。読んでおののきます。

そういうおきまりのアレ系小説です。

なので、ネタがわかると読み返しはしませんが、なんか、人に勧めたくなります。

ネタバレしないように言いますと、まあ、内容はミステリーでもなんでもありません。

男女が出会い、恋をする的な、割にオーソドックスな恋愛小説です。もちろん、心情や、その恋愛パートもちゃんと書き込まれていまして、タイトル通りのイニシエーション(通過儀礼)的な恋の話しです。はい。看板に偽りなしです。

最後の一行を読むまでは。

いやまあ過剰な期待は禁物というか、そこまで大声を上げるほどのどんでん返しはないのですが、それでも

ん?

ページを戻る…

あ!(気がつく)

うわぁああああああああ

のおきまりの流れは楽しんでもらえるのではないでしょうか。

いやー、この手のアレは思いついた勝ちというか、結構飛び道具なんですけど、僕は最後の最後まで騙されました。

騙されると思って読んでも、ちゃんと騙されます。最後の一行を見るまい見るまいとしてページをワクワクして捲ってたんですけどね。きっとあなたも誰かに勧めたくなりますよ。

そんなに分厚い本でも内容でもないので、読書経験が少ない人手もサクッと読めると思います。

Kindleかって、さて何読むかなぁという人にはおすすめです。

まあ、ネタがわかったらきっと読み返しはしないけどね(笑)

本来はむしろこういう前評判抜きにして、恋愛小説として勧められて読んでたら、叫び声を上げていたかもなぁ。

文:シンタロヲフレッシュ

いいかい?
超関連記事

一緒に読んで欲しい記事