心の中で思ったなら

心の中で思ったなら

ひとこと。

バリスタ
スポンサーリンク

これから僕は○○をする。僕は○○になりたい。という言葉にさほど意味も価値もないなと思っています。

敬愛するジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風にて、プロシュートは弟のセッコにこう言います…

「ブッ殺した」なら使ってもいいッ!

過激な言葉でここだけ切り取ると誤って解釈されそうですが、実際に何かを成し遂げる人間というのは…

心の中で思ったならッ! その時スデに行動は終わっている

わけです。少なくとも最低でもスデに行動は始められている。

有言を実行しないとメンツを失うマフィアの世界だけでなく、今我々がいるこの世界がまさに組織と個を切り離して、個人単位で評価していきませんか? っていう厳しいルールに変わろうとしている。ようやく、ちょびっとだけ。

これはねー、わりと怖いことだと思うんだよなぁ。だって、明日すべての会社が、君たち自分自身でどうにか出来るだろうから残業しなくていいし、残業代出さないぜ! 副業はOK!! ってなったら困る人一杯いると思うよ収入的に。

残業代なくなって、会社自体も縮小して、収入が減ったらどうするか? って部分に超センスが問われちゃう。

さらに言えば、応援される応援する事にもセンスが問われちゃう。

どういうコトかというと、応援される側は最低限、既にゲームを始めておく必要があるわけで。

いつかスキルが付いたら、では遅い。

今はスキルが足りない、けどやる! くらいでどっこいどっこい。

もっと言えば、スタート地点に立つだけでは俄然ダメ。始められたゲームの渦中にいなければならないのです。

ゲームが始まる前のスタンドに観客はいません。ゲームがないならチケットも売れません。

めいいっぱい戦うプレーヤーに、あともう一歩、いや二歩ほど本人以外の何かの力が必要だと判断するから、観客は声がかれるまで叫ぶんだよね。

昨日は負けたけど、次は勝って欲しいからより大きな声を出すんだ僕は。

酒の席で友達に夢を語り、意見のフィードバックをもらうのは存分にアリ(仲が良いほど辛く評価してくれるだろうし)だけども、ネットや公の場で俺は○○したいんやと言うときはプロシュート兄貴のフィルターを自分にかけている私です。

痩せたい ← MUIMI
痩せた ← なら言っていいッ!

順番は、走り(動き)出す→応援してもらう。言いたいことはこんなところです。

ニュートラルとエモの狭間より。

文:シンタロヲフレッシュ

いいかい?