森はどこにある?

森はどこにある?

ひとこと。

バリスタ
スポンサーリンク

先日、娘に訪ねられた。

「パパ、森はどこにあるの?」

答えられなかった。考えたこともなかった

そういえば、森はどこにあるんだろう?

森……森……

まず、森に“行ったことはない”

木がたくさんある場所? は、森か? 森だろう。

とはいえ…

こういう感じになってくれば、それはもう「」だ。森にいったカウントにはきっと含まれないだろう。

どう考えてもとは…

平たい場所に木がたくさんあって欲しい。

せっかくイラストまで描いて林にしか見えないけども、僕の中での森は

こういう感じで。

平たい場所に急にたくさんの木が生えていて欲しい。

日本にもそんな場所があるんだろうか? あるんだろう、たぶん。

でも僕は知らない。

森のようなものはしっているけれども、森は知らない。

小学校低学年で習いそうな常用漢字さえ、上手に説明できない。

知っているようなつもりになっていることは、たくさんたくさんある。

ところで…

「森に行きたいの?」 と娘に訪ね返したら

行きたくはない。だって、熊やオオカミがいる怖い場所でしょ?

と言う。

全く同感だ。そんな怖い場所には僕も行きたくはない。

文:シンタロヲフレッシュ

いいかい?