ifttt で is not a valid WordPress url のエラーが出たら疑うべきはレンタルサーバーの設定

ifttt で is not a valid WordPress url のエラーが出たら疑うべきはレンタルサーバーの設定

バリスタ

に選定していただきました。✌('ω')✌

だって、レンサバの設定とか気にしなかったんだもの。

便利webサービスのiftttとWordPressを連携させようとしたらまったく通らなかったのでいろいろとトライ。

結論から言えばレンサバにおいて「XML-RPC」への国外IPからのアクセス制限がひっかかてたみたい。

WordPressのコアファイルである「xmlrpc.php」に簡単にアクセスされたらいろいろと不味いことになるので、制限をかけておくにこしたことはないんだけれども、iftttが使えないとそれはそれで困るので、自己責任において制限を解除。

すると、iftttすんなり通るよね。

同様にiftttでWordPress連携が通らない「is not a valid WordPress url」エラーがでたら、レンタルサーバーのセキュリティー設定も併せて確認してみて下さい。

くれぐれも解除は自己責任でっていうか、自分だけじゃなくてサーバー内の他のユーザーに迷惑がかかるので気をつけましょう。

ではでは。

(⌐▨_▨).。oO( 次回の記事は

雨さえも

を予定しています。お楽しみに!

文:シンタロヲフレッシュ

日々のブログからこぼれたポップも一緒にどうぞ。

友だち追加
友だち追加
↓今月の特集もあわせてチェック!↓
月刊 prasm 4月号『カメラ!カメラ!カメラ!』
月刊 prasm 4月号

「カメラ!カメラ!カメラ!」

\シェア多謝!/

コメントは大切に読ませてもらっています。

一緒に読んで欲しい記事

前の記事(Previous)
ブラウザ版Facebook Messengerでええやん、もう
次の記事(Next)
Mediumの更新をIFTTTで自動ツイートさせる方法