岡村靖幸が49歳と知って本気で腰を抜かしています

prasmっていうブログだよ

岡村靖幸が49歳と知って本気で腰を抜かしています

自分が目指すはこういう大人だなぁ。

ティーンの頃や20代前半の頃はマンガやドラマ、メディアなんかで「大人」ってこういうことねー、と、それなりなロールモデルがあったり、あこがれの存在みたいなのがいたりするんですけど、アラサー通り越してもうすぐアラフォーになる自分ですんで、こういうロールモデルが田舎にいるのも影響があるのか、見えづらかったんですよねー。

所ジョージやいとうせいこう、その他よくわからないけどそれなりにちゃんとしている、方向性としては悪くないんですけど、心の師と仰ぐにはなんとも不安定。

そんな中ねー、岡ちゃんですよ。

齢(よわい)49って。これはもう郷ひろみとは別ベクトルの一つの完成形ですよ。

漫画のような紆余曲折

アルバムも音源も買ったことないし、知ってる曲だってそんなにないけども、どう考えても唯一無二感がすごい。すごい人だし凄いんだけど、匂い立つようなイケてなさがすごい。血の滲むような努力が簡単に透けて見えてすごい。

天才なのに自己評価低すぎて努力も天才級なんでしょう。

まあね、シティーハンターの曲ってだけで個人的にはテンション上がるんですけど

ちょっとまえにこのキレッキレの映像をみて、うわー、キレッキレやなとは思ったものの、50近いおっちゃんの所業だと言われるとまた見え方違ってくるよね。

とはいえ、頭のネジが吹き飛んだおっちゃんじゃなくて、自分のやりたいことには凄く真摯。真摯すぎてぷよぷよ。

ああ、昔のテレビは面白かったなぁ(笑)

確かな技術で突き抜ける。人と同じことをしても(同じことが出来るのが前提で)仕方ない。自分の根底はこの辺にあるようです。

キレだけで言えば

森山未來こそがベストキレ。

49歳になってもキレッキレでありたい。一つの目標が生まれたのでIngressをもう少し頑張りたいです。

間違っても歌って踊れるようになるわけではないです。歌って踊れるようにもなりたいです。

次回の記事は
「手帳を上手く使えなかった僕に足りなかったのは、書き込みへのメタ的な情報の付与だった」
読みのがしなくッ!

一緒に読んで欲しい記事

おすすめ商品