デスクワークが2割は捗る実感を伴った姿勢矯正とかどう?

prasmっていうブログだよ

デスクワークが2割は捗る実感を伴った姿勢矯正とかどう?

直角を意識して

僕みたいなインドアデザイナーはデスクワークからは逃れることは出来ません。そりゃ行けるものなら空気のイイ山小屋とかでワインにチーズとかつまみながら、ときに空を見ながら仕事したいとは思いますが無理です。無理すぎます。

なのでイスにこだわったり、ストレッチしながらだましだまし仕事します。

夕方になんでこんな仕事してるのかと怒りにもだえる訳ですが、この間ホンマでっか!?TVで知り得た情報をまとめて紹介します。

ちなみに僕はバランスボールでバルンバルンしながら弾んでます。心も弾みたいモノです。

三行まとめ

  • あなたはタッチタイピング出来ますか?
  • 出来ない人は
  • 出直してください。

捗るのでこの際覚えた方がいいと思います。
画像で説明します。

こんな感じの姿勢で

頭と腕とは重い。らしいので、前屈みになると首に負担が出ます。
なので、モニターの高さを調節してまっすぐ向いて仕事が出来る高さに。

腕が前に出るとこれまた支えるために体に負担が出るので、自然に直角になる角度をキープ。
机の手前までキーボード、マウスを引っ張ってくる。

するとどうだろう、結構自然に姿勢がよくなるし、しんどさもちょっとましに。
ただ、ご覧の通り、この姿勢

タッチタイピングが基本!

となっているので、できないと無効。
視線はモニターキープ、キープ。

ほんのちょっとの心がけでましになるので早速試してみてください。

次回の記事は
「写真には写らない AirPods のよさみ」
読みのがしなくッ!

一緒に読んで欲しい記事

おすすめ商品