チュッパチャップスの廉価版とは言わせない!棒付きキャンディーなら「ローリーポップ キャンディ」がかなりコスパ高い!

prasmっていうブログだよ

チュッパチャップスの廉価版とは言わせない!棒付きキャンディーなら「ローリーポップ キャンディ」がかなりコスパ高い!

こ、こいつ!侮れない!

自分でも引くぐらいすんなりと禁煙に成功したはいいものの、それはそれとして口寂しいわけで。

スルメやらのど飴やらいろいろと試したのですが、口寂しさを埋めるには、棒付きキャンディーが実に都合がいいという解答にたどり着きました。

さあ、チュッパチャップス大人買いや!と意気込んだのですが、コンビニで買えば一本40円。これはなかなかいい出費になりそう。

Amazonだと、大人買いで一本あたり33円!イエァ!

一本あたり33円なら、悪くない数値です。ですが、上には上がいるわけで。

100本1050円のローリーポップ キャンディ、なかなか出来る子やで

正直ぜんぜん知らない飴でしたが、一本10円のコスパ、なかなか侮れません。

全然知らない飴だなぁと思ったのは事実ですが、販売元の「やおきん」はうまい棒でお馴染みだったんですね。

コスパ高いわけだわ。

もちろん、味も袋入りの飴と大差ない感じ。安っぽさは感じません。

チュッパチャップスの完成度が100だとしたら、50-60くらいはたたき出していると言っても過言ではないでしょう。

むしろ気温が暑くなる前に食べきれるかが心配です。

このコスパ、すごいよ。

▼まずはこのボリューム感をお楽しみ下さい。

R-blog-IMG_9669

まさかの100本入り。

ローリーポップキャンディー「8」ですが、味は5種類だそうです。

▼中身には不思議な赤いパーツが。

R-blog-IMG_9675

▼まさか、これは、、、ゴゴゴ。

R-blog-IMG_9676

▼ドン!

R-blog-IMG_9687

ディスプレイに使えるナイスなパーツ!

▼飴は単色で、そこそこリッチな味ですよ。

R-blog-IMG_9701

▼チュッパチャップスとの比較。

R-blog-IMG_9697

値段にして4倍の差がある飴です。経はひとまわり小さいですかね。

▼とはいえ、サイズからなめ心地、持ち心地、ちゃんと棒付きキャンディーの醍醐味が味わえます。

R-blog-IMG_9695

とりあえず棒がついているキャンディーが大量に安く欲しい人には、胸を張ってオススメできる逸品でした。はい。

さて、一応チュッパチャプスの箱も開けておきますね。

▼コンビニとかでみる箱ですね。

R-blog-IMG_9652

人気の味がまとまって45本、なかなかのボリュームです。が、味のバランスは結構偏っているみたいですね。僕のは抹茶が1本だけでした。抹茶嫌いだからいいんだけど。

▼では開けます。

R-blog-IMG_9653

▼出てくるよ!

R-blog-IMG_9655

▼このわくわく感、実にいい!

R-blog-IMG_9657

▼上蓋部分はポップも兼ねていて、見た目が豪華でいいです!

R-blog-IMG_9660

▼飴食べたい放題!

R-blog-IMG_9665

スポンサーリンク

袋入りキャンディーにはない、豪華さ、満足感!

それが、棒付きキャンディーの魅力ですよね。

チュッパチャップスが少し値段的にどうなん?と思う方は、ローリーポップキャンディー、なかなかオススメですよ。

物量が凄いから(笑)

次回の記事は
「2016年版フレッシュさんがYouTubeの投稿に使っている機材」
読みのがしなくッ!