[WordPress] ブログトップページの投稿日時の表記を相対時間(何時間前)に変更する方法。human_time_diff

[WordPress] ブログトップページの投稿日時の表記を相対時間(何時間前)に変更する方法。human_time_diff

バリスタ

に選定していただきました。✌('ω')✌

別ブログのトップページで表示される投稿日時(the_date)を記事投稿日時(14/07/30)からTwitterみたいな相対時間(human_time_diff)5分前等に変更しました。

理由はメディアっぽいからです。なんか何分前とか何時間前とかのほうがタイムリー感あるよね。という理由です。

相対的な経過時間を表示する WordPress 関数 human_time_diff() // understandard

【WordPress】ツイッターを超える作成日時の相対表記プログラムを共有 – ゆめぴょんの知恵

参考にさせていただいたのは上の記事。っていうか、ゆめぴょんさんのところのコードをそのまま使わせてもらいました。

ちゃんと正常に動いてます。ありがてぇ。

2014-7-30-001

手順

  1. ゆめぴょんさんのことろのコードをfunctions.phpの最終行に追記。
  2. the_date等の投稿日時を表示していたテンプレートのコードをyumepyon_diffと差し替え
  3. 確認・調整

と言う感じです。簡単。

ちなみに個別ページではちゃんと正確な日付を表示してます。これはなんていうか、正確にいつ書いたのかが重要な情報もあるからです。

でもトップページは相対時間がいいなと思ってます。だって、ポイよね(笑)

いつ見に行っても新しい記事があるな!みたいな多産なブログは相対時間の方がポイしタイムリーな感じがするのでいいと思います。

僕の場合はあとは更新頻度をあげるだけです!無理!

文:シンタロヲフレッシュ

フォロワーともだちになってもらえると、とても嬉しい!

友だち追加
友だち追加

フォローはまだちょっと…? ではブログの定期購読はどう?

follow us in feedly
↓今月の特集もあわせてチェック!↓
月刊 prasm 5月号『サク旅』
月刊 prasm 5月号

「日常の延長線上の日常」

\シェア多謝!/

コメントは大切に読ませてもらっています。

一緒に読んで欲しい記事

前の記事(Previous)
[WordPress] 記事内にAdsense等の広告を配置する方法
次の記事(Next)
[WordPress] 下書きのタイトルを取得して、次回予告につっこむ