むしろ、ここで加速

むしろ、ここで加速

2018年も一月終わりましたか。そうですか。しかし人ってどうして三日坊主なんでしょうね。

一月に立てた目標はたいてい二月にはダメになっていて、でもそこで抱く罪悪感、後ろめたさにはなんの生産性もなく。

言うたらね、反省して上手くいくなら、誰だって反省するわけですよ。ところで反省ってなんなんでしょうね? 出来れば義務教育段階で「反省」という具体的な手順と効能を教えて欲しかった。

なので、むしろ、ここで加速。

一月だと思って、三月くらいまでを一月だと思ってやり過ごす。

そんな一月の振り返りと、二月の過ごし方を少々。

先延ばしを防ぐ、大人の時間割

大人の、と付けると途端に卑猥に感じる僕のカルマ。

お正月はしっかりと休めまして。本を読む時間も確保できました。

前から読みたいと思っていた

予想どおりに不合理がもう予想どおりに面白くって。

例えば、

1. 定期的な締め切りを自分で設定する
2. 最終の締め切りだけを設定する
3. 強制的に締め切りを設定する

最もパフォーマンスが悪かったのが、「2」

1日の終わり、持っている仕事がどういう状況だと嬉しいのかを予め想像し、1日の中で時間割を作って締め切りを設定する。

ちなみに定時は18:30までなので、17:00までの予定を組んで、定時までの残り時間はバッファとして飛び込み仕事をしたり、メールを返すようにしています。

浪費癖があるならば給料から自動的に定期積み立てをしてみたり、ダイエットに友達を巻き込んでみたり、先延ばし癖があるなら、細かく締め切りを縛ってみたり、ツールと仕組みでうまく乗り切れます。

「予想どおに不合理」とほとんど同じことがマンガになっている

ヘンテコノミクスもサクッと読めてオススメ。

意思決定に関わるアレコレに興味を持ってふれていると、悩む時間が少なくなるので、捗ります。

不便を潰して、快適に

年明けに書いこの記事が、よく読まれました。

テーブル上に置いておきたいウェットティッシュ、だけどダサい問題を解決する「ideaco Mochi Bin」 * prasm

ウェットティッシュは便利でよく使うけども、外装があんまりいけてなくて、いい感じに包んでくれるやつないの?って記事なのですが、こいつ、結構便利です。

ニトリで買ったプレートを、玄関先の「いつもの」置場に。

平たいタイプとボールのタイプ。同じ素材で別のカタチ。

帰って来てすぐにここに置くようになって、出がけに家や車の鍵を探さなくなりました。

忘れ物・なくし物を防ぐ「いつもの置場」作り * prasm

ストレスを減らすルール作りにお気に入りのアイテムを組み込めると気分がいいです。

ファッションに、投資

いや、ごめん、投資はちょっと言い過ぎた(笑)。

でも2018年の1月はそこそこファッションにお金を使いまして。

ループウィラーのスエットを買い増し。フードのないタイプ。

やっぱり圧倒的に柔らかくてきやすい、耐久性もある。

冒頭の写真で着ているオールインワン。ノンウォッシュを選んだら楽ちんなのにちょっと上品。ほどよくカジュアル。

足下を見つめるきっかけ

観葉植物が欲しいな、と思っていて。

花屋にいく * prasm

エアプランツの花のエロみよ。

A post shared by シンタロヲフレッシュ (@shintarowfresh) on

テーブルフォトが捗る。

今月のプレイリスト

小室哲哉、ああ、小室哲哉。

この先もいい曲をいい感じに作ってくれると思ってたのに。

青春の死はあっけない。Get Wild。

Podcast is Back!

とうとう新しいエピソードとりました(笑)

真面目に頑張りますので、もろもろ登録をお願いいたします。

Apple Podcats 内のshintarowfresh「fradio」

更新情報やブログに書かないそこそこプライベート内容はLINE@で放ちます。

友だち追加

わりとカジュアルに返信するので、え、本物ですか? みたいなコメントをいつもいただいていおります。

飽きてきた頃が普及のタイミング

【ラジオ番組の作り方】現役放送作家が考えるトークのコツとは? : 放送作家りん の ブログ

やっている方が、ちょっと飽きてきたなって頃が ちょっと浸透してきた頃…なんですよね。

このブログ記事を読んで、ハッとしまして。

たしかに、自分が飽きてきたころのタイミングこそが、ようやく周りに認知の兆しみたいなのが出来るそれと重なるんだなぁと。

で、いままで飽きて辞めちゃってたことって、ものすごくもったいなかったんだなぁと。

淡々と続けるのは本当に苦行のようにしんどい面もありますが、しんどみに襲われたとき、ああようやくみんな俺の発信に気がついてきたんじゃね? と思うと救いがあるというモノです。

プロの作家やクリエーターだけじゃなく、気になる作り手には、私は気がついているよ! とシグナルを発するとみんな得するのにな。と思う次第で。

どうやら、三日坊主はもったいない、そんな気がするんだよね。

編集後記

サザエさんのスポンサー、東芝の代わりにAmazon含む3社が受け持つそうで。

日本の日曜日の夕方を代表する番組をAmazonがスポンサードするのがなんとも象徴的だなと。

安室ちゃんも引退、TKも引退。

望むと望まざるにかかわらず、変化は起こっています。

だから、というわけじゃないけども、立ち止まったり調整したりするのは、走り抜けた先でもいいのではないでしょうか?

だから、むしろ。

いいかい?