四季のある国

タイムライン

四季のある国

2月は体調を崩して、まるまる1週間くらいをぐったりして過ごして。

皆様も、お風邪などお召しになってないでしょうか?

と、冒頭の挨拶を書いて、ふと思う。「風邪」を「お召し」になる、この表現。

自分をあらわす言葉だって、僕、俺、手前、何種類も何パターンも用意されている。この国のこの言葉が僕は好き。

同じことを表現するのに、いくつもの言い回しがあるのは、相手との関係性や状況を慮ってるからよね。と。

そんなことを感じつつ、もうすぐ春よね。花見、行きたいよね。と感じられる国にいることを楽しく思うのです。

と、暮らす

いやいや、打ち間違えじゃなくてね。○○と暮らすってのは、いわゆる1つの精神の安定なので。

花屋にいく * prasm

水をやる * prasm

毎日のようにきっちり手入れしなくとも、枯れず折れず、花を咲かせ続けるエアプランツが実にかわいい。

名前わからんけど、こいつとか、日々すごい勢いで花咲いていく。

こころに余裕がないと、小さな花を楽しく思うことも出来ないよなぁと、手に馴染む霧吹きで、おもいだしたようなタイミングで水をやる。

大人になればなるほど、あたりまえをこなすことが以下に難しいのかを思い知る。

小さな頃になんとなく当たり前だと感じていた、結婚したり、子供を持ったり、家があったり、楽しく毎日を過ごす、そういうような、当たり前ってのは、なんというか、僕の場合はとてもたくさんのラッキーと、たくさんの人によって支えられていて。

しかしまあ、逆に言えば、そういう当たり前はちっとも当たり前でも何でもないことに気がつけているのであれば、それはそれで成長なのかもしれない。

ホワイトデーの足音

花つながりで言えば、2月には寄稿した記事がアップされまして。

Sakaseruのオーダーフラワーでホワイトデーに愛をこめた手紙と花のサプライズを

僕はこのタイプの記事の仕上がりめっちゃ気にするタイプで、リア友に聞いても「読んだよ、よかった」と言ってもらえてホッと胸をなで下ろす。

3月はね、ホワイトデーが控えているので、花、どうだろうか?

 

僕はとてもイイと思うよ。

コミュニティーのある生活

そういえば、2月は新しいチャレンジをやってみました。

というのも、小さな(そして閉じた)コミュニティーに情報って集まるよな、と思ったのがきっかけ。

好きなモノや研究しているモノに対して、好きなだけ語れる場を作りたい、ってのと、僕自身が音声配信サボらないようにって感じで出来たのが。

slack(チャット系webサービス)のコミュニティーです(誰でも無料で使えます)。現在特に募集はしてないですが、入ってみたい方はメンションやDMでご連絡下さい。

ロゴとか準備するの楽しくていいよね。

オンラインの飲み会とか開催したい! ほんと地方に住んでるとイベントとかいけなくてキーってなるよね。

Reasonのある「キーボード」

4月になれば、仕事を始める人も、環境が変わって、仕事が変わる人もいるんだろうけども、どんな仕事だって「仕事道具」にこだわるってのは、なんかカッコいいよね。なんかカッコいいからどうした? って思うかもしれんけども、突き詰めれば仕事の出来は気分によって変わる。つまり、気分がアガるなら、それは仕事の質が上がると、まあ、レトリックとしては、正しさあるよね。

僕はノートパソコンが1個あればどこでも仕事できるわけだけども、どちらかと言えば、スペックの高いパソコンに、快適に入力出来るデバイスにて腰を据えて作業する方が好きで。

一日中手が乗っているキーボードが言ってみれば仕事道具で。

A close up of a computer keyboard

コレ英語配列。キートップの文字が見づらいけども、見て打つ人はそもそも買わんだろと。

テンキーや十字キーがなくて、それはそれとして多少は不便だけども、実はHHKBで恐ろしい(ポジティブな意味合いにおいて)のって、使い心地がまったくといっていいほどに変わらないコトだと思う。

A close up of a computer keyboard

キートップのテカリもなく、印字が消えたりかすれたりすることもない。

フスコ、とちょうどよく沈むうち感も初めて打ったときの「ああ、なるほど」のまま、半年ずっと変わらない。

線がないから、机の上での移動もらく。掃除も楽。ストレスなく気分の上がる仕事道具があれば、1日ちょっとだけ捗る。

しかしながら、一年って、営業日の積み重ねだからさ。

じぶんの、自分だけのとっておきの仕事道具を、働き始めたりり環境が変わったりして一番最初に手にするのは、理に適った行為だと思う。

最高の打ち心地が来たぞ!HHKB Professional BT * prasm

PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT 英語配列/墨 PD-KB600B

今月のプレイリスト

NakamuraEmiのかかってこいよ、YouTubeにビデオないの損失でしょ? って感じで元気もらえるので必聴。

おんなじくらいバンバン再生してる大橋トリオのVENUS、

ソリッドで最高。からの、最高。

モノクロなカルチャーページ

冒頭にも書いたけども、風邪で寝込んでるとなぜだかコンテンツ消費が捗る。

「デザイナー 渋井直人の休日」は、デザイン仕事に末席を置いている僕でもおまたがヒヤッとなるくらい恐ろしく笑える内容が盛りだくさんのマンガ。

人形の国

待ちに待った2巻出てる。弐瓶さんのマンガはマンガ版「風の谷のナウシカ」を初めて呼んだようなワクワク感が毎回あって、たまらん。

アニメ版、刻刻

マンガ版では勢いのある絵柄だけど、アニメになると妙にキレイに整えられちゃう一連の流れに関しては「進撃の巨人」で良くも悪くも慣れたけども。

とにかくOPがおどろおどろしくて最高、正直アニメOPの中でも屈指の好きさ。

Amazon プライムビデオにあるんで、未見ならばマンガより読みやすくていいかも。

編集後記

ちょこっとだけ月刊が出るのが遅れちまって(毎月初日に出ます)言い訳するのもアレだけれども、ちょっと月頭にお出かけに出まして。

こういうお出かけ・プチ旅行って、非日常だから楽しいのかなぁって思ってたんだけども、働き方改革だぁ、ダブルワークだぁ、リモートワークだぁってんなら、ほんとどこでだって仕事できるし、旅するように仕事するというのをどこか自分とは関係ない遠い世界の出来事のように感じしてしまっているけども、その意識、アップデートが必要ね。

パソコンと同じでさ、歳を取れば取るほど容量が圧迫されて、ゴミのようtempファイルが溜まりまくって新しいことを入れられなくなるんだけども、ほんと、ごそっと何かを一回わけもわからず消さないと、先に、捨てないと、何かが入り込んでくることって出来ない。

捨てないと、手に入らないし、捨てるから手に入る。

この感覚をしっかりと意識したいね。

せっかく四季のある国にいるのに、実はまだまだその本当の四季を知らない気がしている。今。

いいかい?